アニメ「うしおとおとら」が面白い!!絶対に見ておきたい名作アニメを暇人大学生が観てみた

こんにちは!先日「うしおととら」というアニメを観てみたのですが、これがめちゃめちゃ面白かったので紹介したいと思います!

どのアニメランキングサイトを覗いてもたいてい上位にあるこの作品。

しかし僕は気になりつつも割と昔の作品であるからという理由で敬遠していました。

そんなある日。

きんた

あー、今日暇だな。ずっと見てなかった「うしおととら」でも見てみるか。

こんな感じで見始めた「うしおととら」ですが、面白すぎて時間を忘れてみ続けてしまいました。

そんな僕から睡眠と食事を奪ったこの作品を紹介していこうと思います!

どんな作品?

「うしおととら」はどんな作品?

ある日、実家の蔵で槍によって封印されていた大妖怪をやむを得ず開放してしまう主人公の潮(うしお)

後に「とら」と呼ばれることになる大妖怪は潮を殺そうとするが、潮の抜いた槍の力によって潮を殺すこと合出来なかった。

は凶悪な妖怪を世に放さないために、とらはすきを見て潮を食べるためにこの一人と一匹は奇妙な共同生活を始めることとなる。

ある日、は死んだと思っていた母親が生きていいることを知り旅に出るが、とらとともに様々なハプニングに巻き込まれることとなる。

そんな旅の中でもとらはたびたびを食べようとするが、本人も気が付かないうちに二人の間には奇妙な友情のようなものが芽生え始めていた。

そんな二人が冒険しながらも時には殺し合い、助け合いつつ、最後にはすべての生物の敵である妖怪に立ち向かうが。。。

あまりネタバレをしたくないのでこんな感じの説明になってしまいました(-_-;)

とらの何とも言えない関係がたくさんの出来事を通じて深まっていく感じやそれを薄々感じながらも認めたくない心情。

見ているだけで作品にのめりこんでしまって続きが気になってしまいます。

この作品には見ている人の心を動かす要素が多いからこそ多くの人に愛されているのかもしれませんね。

おすすめポイント!

魅力的なキャラクター達!

ソース画像を表示

物語出でてくるキャラクターがみな魅力的なのも「うしおととら」の強みです。

キャラクターそれぞれに異なる思惑や悲しい過去が存在します。

中には敵の側についてしまう仲間がいたり、それを信じることが出来ない心優しくまっすぐな主人公の

そんなキャラクター達の時にはおかしく、時には感動する絡みは必見です。

大迫力の妖怪!

このように様々な特徴的な妖怪が存在します。

仲間の妖怪、敵の妖怪のどちらも大迫力です。

だからこそ戦闘の描写や妖怪たちとの触れ合いがここまで熱いものになるのかもしれません。

小さい子供がこのアニメを観たら泣いてしまうかもしえませんね(笑)

感動のラスト!

ラストといっていますが、後半のシーンは泣けるシーンばかりです。

ネタバレをしたくないのでどんなシーンなのかを説明することは避けますが、とにかく感動できますし、感情移入してしまうこと間違いなしです。

「うしおととら」は最近の作品で多いご都合展開で主人公最強!というアニメではなく、泥臭く成長して行く熱血主人公系の作品です。

なので主人公の葛藤や仲間の死による感情の変化があり、そのようなところも見どころの一つとなっています。

どんな人にオススメ?

こんな人にオススメ!

  • 泥臭く生長していく物語が好きな人!
  • ギャグと感動が混じっている作品が好きな人!
  • 妖怪系の話が好きな人!
  • ご都合展開に飽き飽きしている人!

「うしおととら」はこのような人にオススメできます。

このアニメは先ほども書いたように心を熱くさせてくれるような物語です。そのなかに感動のシーンが上手くちりばめられています。

なのでそのようなジャンルの物語が好きだという人はきっと気に入るのではないかと思います。

きんた

おまけですが、「この作品が好きな人は気に入ってくれるだろうな」という作品を考えてみました!

すべて僕の主観ですが、参考にしてみてください!

似ている?作品

  • NARUTO-ナルト

胸熱の展開に通じる部分があります。特に「ナルトの初めの方が好きだよ」という方にはぴったりだと思います。

(実は「ナルト」は「うしおととら」を参考にしていたのでは?との声もあります)

  • スラムダンク

こちらもかなり有名な作品ですね。桜木花道と流川楓の関係や熱血系の作風を好きな人は必ず「うしおととら」も気に入ると思います。

バックグラウンドはだいぶ違いますが、作品の根本の部分は似ていると感じました。

  • ぬらりひょんの孫

こちらはそこまで物語の内容が似ているわけではないですが、妖怪つながりで入れてみました。「ぬらりひょうんの孫」も面白い作品なのでぜひご覧ください。

  • ハイキュー!

こちらも言わずと知れた名作です。こちらも日向と影山のどこか信頼している関係や熱いシーンなど、大変面白い作品です。このジャンルを好きな人には「うしおととら」は間違いない作品だと思います!

(作品の構造を分析して見てみると、スラムダンクハイキューは結構似てますね。なのにこれだけ違う作品になるのは見せ方がすごいのでしょうか)

有名な作品では上記の作品が挙げられるのですが、これらの作品のどれかが好きな人はきっと今回紹介した「うしおととら」のことも気に入ってくれると思います!

「うしおととら」基本情報

作者藤田和日郎
話数39話(26+13話)
放送年2015年・2016年
原作少年サンデーコミック(1990-1997年)

アニメ版では全39話あります。

そこまで多いわけではないので気兼ねなく見れるのではないかと思います。

原作はコミックで1990年代に販売されていたようです。

そんな作品が2015年にアニメ化されるということは相当根深いファンがいたのかもしれません。

この作品の面白さならばそれもうなづけますね!

さらにこの作品の真骨頂はコミック版にあるらしいです。

僕はコミック版を知らずにアニメから見始めたので違和感を何も感じることなく見れたのですが、原作を知っている人からしたら相当カットされていたようです。

なのでマンガ版の方を読んでからアニメを観て楽しむことも出来そうですね!

ぼく自身もコミック版はまだ読んだことがないので、お金に余裕が出来たらマンガ喫茶にでも行って読んでみようかなと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕は舌足らずでうまく説明できませんでしたが、本当におもしろい名作なので見て損はしないと思います。

特に心を熱くさせてくれる作品が好きな人には絶対に観てほしいと思っています!

気になったらぜひ観てみてください!

一応AmazonのURLを載せておきます⇩

Amazon.co.jp : うしおととら

今回の記事はアニメ「うしおととら」の紹介記事でした。

ありがとうございました!さよなら~🏁

こちら筆者の情報です⇩

Follow me!

アニメ「うしおとおとら」が面白い!!絶対に見ておきたい名作アニメを暇人大学生が観てみた” に対して1件のコメントがあります。

  1. Excellent post. I definitely appreciate this website. Thanks!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。